カキツバタのFX・株式投資日記

FX取引と株式投資で安定収入を得ることを目指し、日々の取引記録を中心に掲載していきます。

プロフィール

プロフィール・投資を始めたきっかけ

ブログに訪問いただき、ありがとうございます。
簡単ではありますが、自己紹介をさせていただきます。
 

私は一般企業に勤める会社員(40代)ですが、休職を経験しています。
休職をきっかけに、会社の給料以外に収入を得る方法を身につけたいと思い、
「FX」と「株式投資」を始めました。

 

就職してからの日々(収入=支出の生活)

大学を卒業して、一般企業に就職しました。
就職後、仕事もプライベートも順調な生活を送れていたと思います。
特にプライベートでは、趣味(ロードバイク、旅行、スキューバダイビング)を満喫し、”収入=支出”の生活を送っていました。
今思うと、貯金すら満足にしていなかったので、ゾッとしますが、
いろいろなことを経験できたのも確かで、後悔はしていません。

まさかの休職

そんな順調な日々にも転機が訪れました。
就職して、7年が過ぎたある日、不快感や気怠さといった体調不良に襲われるようになりました。
後に、うつと判明した病気の初期症状でした。
その時に取り組んでいた案件のプレッシャーから、精神的な疲労が溜まっていったようです。
症状が出始めてから、うつと診断を受けるまで、1年近くかかりました。
その間、体調は悪化し続けていたこともあり、診断と同時に、ドクターストップがかかりました。

療養生活を経て職場復帰

仕事の引き継ぎを済ませると同時に休職、半年間の療養生活に入りました。
貯金はほとんどなかったのですが、傷病給付金で医療費と生活費を賄うことができ、
本当に助かりました。
その後、職場復帰を果たし、現在も会社員を続けています。

療養生活中に感じた不安:収入を失うこと

療養生活中は、このまま会社を辞職することになるのではと何度も悩みました。
またそれと同時に、「会社員として安定した収入を失うことへの恐怖」を感じました。

その恐怖は、今でも無くなっていません。
会社をクビになっても、どうにか生活できるだけの収入が欲しいという思いから、
何かできることはないかと本や雑誌を読んだり、ネットをさまよいました。
本業の仕事に影響が出ない条件でたどり着いた答えが、「投資」です。
そして、投資について勉強していく中で、
「FX」株式投資に取り組むことに決めました。

今はまだ、安定して収入を得られていませんが、
「FXで利益を積み上げ、株式投資で配当を得る」
これを目標に、日々相場と向き合っています。